2017年5月22日月曜日

イエス!

高須先生やってくれたね!レンホ◯たちを提訴!ちなみに私、高須先生が好きなんだよね。

ほとんどの国民、胸がスッとしたんじゃないかな。いつも他人の揚げ足とりまくってるけど、自分がやられたら嫌やろ、ザマアミロ!みたいな。
...

んで、ネット見てると、なんか弁護士とか、政治家とかが「提訴は勝手だけど勝てる見込みは少ない」とか言ってる。

ホンマにこういう「頭のええ人ら」は世間知らんねえ。おぼっちゃまなんだろうねえ。

・・・

国会議員の国会での発言は責任を問われないという法律がある、というのがその理由らしいけどさ、そんなことわかってるって。

まして、こういった訴訟は、実際の被害のあるなしを立証しなきゃいけない。あの発言でどのように損をしたか?だからさ、どのみち被害の立証は難しい。

・・・

で、なんでこんなことやってるかというと、、、

高須先生は、ワザと「鬱陶しい相手」になってるだけなの。

わかりやすく言えば、ただの、嫌がらせなんだからさ。

相手が嫌がることしてるだけなんだよ。高須先生にとって1000万円勝ったところで、なんの意味もない。勝ち負けなんて関係ない。

自分たちのことを軽々しく悪口いった相手を困らせてやる!それだけなのよ。

・・・

でも、ただの腹いせじゃない。ちゃんと全て見通して進めてる。

だってさ、これ、訴訟で高須先生が負けたら?国民はさらにレン◯卯たちを嫌うよ。

みな、口々に言うさ。「あれで名誉毀損にならないの?おかしいやん!」って。それが、さらに党にダメージを与えるよ。

党にとってそれが一番困る。高須先生はそれを狙ってるんだ。

裁判の勝ち負けを論じる時点で、「頭の良い人たち」はわかってないわ。

世論が高須先生を中心にまとまったら、党にとってこれ以上ないダメージになるじゃん。

・・・

んで、もひとつ高須先生にはメリットがある。

この騒ぎで、いったいどれくらいの報道があったか?すんごい広告効果だよ。

もうすでに数億円分の広告効果があったんじゃない?

しかも、国民のみんなが「高須先生頑張れ!」と思ってるさ。

私も、もし脂肪吸引するならイエス◯◯クリニックへ行こうと思うもん。

今の時点で、すでに高須先生の勝ちなんだ。

もし仮にここで政治家が頭下げても、高須先生の勝ち。訴訟で勝っても負けても、高須先生の勝ち。

ここまで読んでるよ。世間知らずの政治家や弁護士とは役者が違うって。

・・・

ただ、動機として計算でやったのではなく、実際腹が立ったんだと思う。言う必要のない誹謗だったからね。バカにしやがって!てなもんだよね。

いつも、この件に限らず、高須先生は気持ちがいい。男としてカッコいいわ。応援してまーす。
さあみんなでイエス!

・・・

高須先生の写真がないので、なんとなく「イエス!」と言いたくなるような画像にしました。お恥ずかしゅうございます。

・・・

ふと考えたんだけど、もし高須先生が負けるとしたら?政治家がマスコミに手を回して、この件を一切報道しなくなることかも知れない。我々ネット民は、そうさせないように話題にするべきだね。
 

2017年5月20日土曜日

村田選手の試合

平先生と村田選手の試合を見に行ったよ!基本的に、最近は家でビール飲みながらの観戦が楽なのであまり会場にはいかないのだけど、先生が行かれるならと、お邪魔してきましたよ。

で、試合を見た方は多分同じ考えだと思うのだけど、村田選手の勝ちだよね〜
...

・・・

試合後、財界の大先輩から、うちのグループの身内友人、はたまた秘書のフナガウからも、私に「おかしい!」とクレームの嵐。平先生からもお叱りを受けた。

まあ、私もおかしいと思うから、仕方ないんだけど´д` ;

・・・

ボクシングの判定はフィギュアとか、ダンスとか、はたまた美術とかの評価と同じで、ある程度の点数基準があるけど、基本的にジャッジの主観も入る。

だから、ジャッジによって、全く結果が違うことも中にはある。

私たちはある意味慣れているので「こういうこともあるかな」と考えてしまいがち。

でもそれは本来おかしいんだよね。

・・・

昔なんかはお隣のキ◯チ国なんかで試合すると、キ◯チが立っているだけで勝利、なんてこともあったとかなかったとか。友達が試合をして、そう言ってた。

ホームタウンデシジョン(地元ひいき判定)なんて日本でも当たり前にあった。毒入りオレンジ(?)を食べさせたとか食べさせなかったとか。

タイなら、日本人は倒さなきゃまず勝てない。(ムエタイの判定基準は日本人の感覚と全く違う)

ボクシングに限らず、ホスト団体の選手は、ビミョーな判定なら必ず勝ちになる、というのは常識だったりもした。

でも、これって、本当の意味でのはスポーツじやないよね。

スポーツは、フェアじやなきゃ。

・・・

今回の村田選手のタイトル戦、圧倒的に村田選手がダメージを負わせていた。テレビの前の皆さんも村田選手の勝ちだと確信したはず。

でも、負けた。

私は会場で見ていて、手数少ない村田選手に「後半倒すつもりなのかもしれないけど、これじゃポイント取られるのでは?」と心配になったこともまた事実。

でも、最終的には「村田選手が勝った」と思った。

・・・

ここで、判定の良い悪いを言うつもりはない。それはJBCの仕事であり、私は一ファンでしかない。

でも、ネット見てたら、ジャッジペーパーが出てきた。

ホントのジャッジペーパーなのかどうかは知らない。

で、もしこれがジャッジペーパーたどしたら、明らかにおかしいラウンドがある。

こういうことやってるとボクシング業界もダメだなあ、と感じてしまう。

昔と比べたらずいぶん良くなったんだけどね。昔はひいき判定なんて当たり前だったからさ。

・・・

でも、一般の人が見たら、おかしいよね。おかしいと思われないよう、ちゃんと裁いて欲しい。

ただ、村田選手がもう少しジャブ突いてたら、全くなんの文句もなく勝利を手にしてただろうけどね。

あ、そう考えること自体が、業界の悪習に染まってるのかな〜

フツーに考えて、村田選手の勝ちだもんな〜。ボクシングは相手を壊す、いわば破壊の快楽に酔いしれるスポーツ。ダンスが上手い者が勝つスポーツじゃない。

・・・

木村さん(元世界チャンプ)に「あれ、どーなんです?」と聞いたら「チンプンカンプンです」との答え。元OPBFチャンプの佐々木基樹選手も「はあ?」って。

判定基準はあくまで主観。手数は相手が多かった。でも、このジャッジペーパーが本物だとしたら?8ラウンド以降全て村田選手は落としてる?おかしいやん〜´д` ;帝拳さん、提訴して〜

・・・

追記です。
パンチ数の計測出たようだね。

パンチ数
エンダム260
村田98
有効打
エンダム101
村田67

まあ、それでも村田の勝ちだと思うけど。やっぱ、も少しジャブ突いてたらなー

 

2017年5月18日木曜日

沖縄のジャンヌダルク

続きだよ。沖縄のジャンヌダルク、我那覇真子さんとお会いしてきたよ。国連で堂々とスピーチして、オナ◯とかいうカツラ野郎の陰謀を潰した、素敵な人。

お食事しながら、お話を伺ってきたの。
...

まあ私がそんな人脈を持ってるわけじゃなく、いつもお世話になってる東京の偉いさんたちと一緒だったんだけどね。

・・・

我那覇さんは、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民、国民の会」というちょっと長いタイトルの団体の代表をされていて、左翼たちと日夜戦ってる。

沖縄には、琉球新報と沖縄タイムスという二つの新聞があるの。その二つで98%のシェアを誇ってる。

その二紙は全くの左といわれてるんだ。例えば、中国が尖閣に出入りしていても全く報道しない。でも、米軍がちょっと何かあると、針小棒大に報道する。

で、沖縄の人たちの民意が偏ってく。

なんらかの意図を感じるね。

・・・

我那覇さんご本人は清楚で、大人しい、かわいいお嬢さんといった感じ。でも、言葉の端々に強さを感じる。

何より清純で、汚れのない感じ。私のようなただれたオヤジから見ると眩しい限りだよ。

・・・

こういった若い世代の人が、日本のために立ち上がってる。素晴らしいことだと思う。

沖縄には、前回の記事で書いた「戦争を体験し、辛い思いをしてきた琉球人(琉球人という感覚では、内地日本も他国人)」という人たちもいるけど、我那覇さんのような人もいる。

琉球人としてではなく、日本人として、日本の良さ、素晴らしさ、それが損なわれることの怖さを危惧してるんだ。

まあ、簡単に言うと、中国になりたくないじゃん?って話だね。

・・・

左翼勢力はとても強い。バックに国(?)がついてる。

タイもそうだった。タクシンを使い、王様亡き後のタイを狙った。デモの座り込みをすると、日本円で1日約2千円ほどもらえた。タイでのその金額は、食べていける値段。それを全員に配るの。すごい資金力だよね?

でも、大丈夫なんだ。それら全てのスポンサーは赤いパンダなんだから。

・・・

タイでは、王様の英断で、タクシン一派を国外に追い出し、軍のトップ、プラユットさんを据えた。自分の死期を知り、その後の事を考えたんだ。

諸外国からは「軍事政権」と揶揄されたけど、そうしないと、あの国も赤パンダさんにとられてしまうんだもん。

私はタイ国軍の友人が多い。みんな口揃えてそう言ってたよ。

・・・

いつも言うけど、私は中国人の友人も多いし、彼らを尊敬しています。日本に遊びにきてくれる中国人にも感謝してます。彼らも日本が好きなのだから。(共産党は大嫌いです)

また、中国の世界制覇作戦も、悪いとは思わない。

彼らは、自国のために動いてる。

自国の国益のために、領土を広げ、資源を求め、太平洋に出られる場所を欲しがり、米国と渡り合えるようにし、世界の覇権をその手にしようとしてるんだ。

世界制覇が良い悪いは知らない。でも、彼の国はそう公言してる。

そしてなにより、自国の国益のために尽くすのは、、、

これ、フツーのことなんだよね。

悪いのは、それをせずに、のんきこいてるこの国だよ。

・・・

私たちは中国のやり方を揶揄するのではなく、自国の国益のために国民が一つになって進むべきなんだ。

中共の作戦に乗っちゃいけない。踊らされちゃいけない。

日本を守るためにひとりひとりができる事をやらなきゃいけない。そう思う。

・・・

その意味でも、沖縄はとても重要な場所。我那覇さんに頑張って欲しい。

私もできる限り応援したいと思います。

・・・

応援する方法はいろいろあると思う。

我那覇さんは今、全国を講演して回っています。今度は東京(5/27)、大阪(5/28)と全国を回られるみたい。リンク貼るので見てね。(写真と競合するのかな)

http://www.okinawa-tadasukai.com

八重山新報を取るのもいいよ。沖縄で正しい情報を出してるわずかな新聞社のひとつだよ。

アマゾンで我那覇真子さんの本を購入するのもいい。

・・・

右翼も左翼もない。私は、この日本という世界で一番素晴らしい国が今のままずっと続いて欲しい。それだけを思います。

デモも座り込みもいい。革新派のマスコミもどうぞご勝手に。でも、もしこの国が赤い国になったら、君らみたいな反体制派は全員まとめて銃殺なんだからさ。わかってんのかね?

・・・

写真は我那覇さんだよ。こんな、若くて可愛い人が国のために頑張ってるんだ。俺たちオッさんも知らん顔できないよね。
 
 

2017年5月17日水曜日

キャンプシュワブ

沖縄におりますよ。キャンプシュワブに行って来たんだ。沖縄の、辺野古反対運動、あれ座り込んでる人たち、ホントの沖縄市民なのか?それとも中共の手先、プロ市民なのか?

ずっと興味があった。
...

私は沖縄が好きで、ほぼ毎年行ってる。もしもこの沖縄が中国東海省になったとしたら、と思うとゾッとする。(中国人は大好きだけど中共は嫌い)なんとかしなきゃと思ったりもする。

だから、実際のところどうなのか?この目で見てみたかったんだ。

・・・

当日はたまたま土砂降りの雨で、キャンプシュワブ前の人だかりはテレビで見るより少なかった。

で、座り込んでるおばあちゃん(オバー)に聞いてみたんだ。

「雨降りにご苦労さんやね、皆さんは沖縄の人?」「そうだよ」

から始まってさ、

「聞いてもいい?普天間がダメだからと辺野古になったんだよね?ということは普天間のままにしておけってこと?」

「いや、普天間も反対。基地なんていらない」

とオバー(お婆)。

「でも、もし、基地がなくなったら中国軍が来るんじゃない?」

と聞くと、別のオジーが「大丈夫、ならない」と。

なぜ大丈夫なのか?はわからなかった。

・・・

ちなみに、今日見て話した座り込みの人は全て、沖縄の人だった。話し方、顔、全くウチナーンチュ。

行く前に私のイメージしてた、
「関西弁を話す、沖縄に住んでないプロ市民」
は見つけられなかった。
土砂降りの雨で、お休みだったのかもしれない。

・・・

また、座り込んでた人たちはほぼもれなく老人。7〜80歳代に見えた。

彼らの頭の中に滑り込んで想像してみる。

戦時中、ここ沖縄は文字通り地獄だったろう。彼ら自身が体験してなくても、彼らのお兄さんお姉さんは確実にその地獄を生きてきたはず。そういう話をずっと聞いて育ったことは想像に難くない。

たまたまこの日は沖縄返還45年。それまで、沖縄はずっと外国だった。車も左ハンドルだったんだ。

言葉にできないほど嫌なこと、辛いことがあったかと思う。

なので、基地反対については、むしろ当然なのかもしれない。

・・・

プロ市民としてお金をもらっているかどうかは、よくわからなかった。「お金もらってます?」と聞けないし、聞いても多分答えないので意味はない。

実際は何処かの国からお金をもらって運動している「プロ市民」もいるとは思う。

サングラスかけて、じっとこちらを睨んでいるオッさんがいた。雨降ってんだから、色眼鏡いらんやろうし。一生懸命こちらに向けてビデオ撮ってる人もいたので、とりあえず、ピースしといた。

こういった連中はひょっとしたら運動家なのかもね。

ただ、今日わずかに話したオジーオジーたち数人においては、受け答えに「金もらって言わされてる感」はなかったように思えた。

・・・

行く前は、「馬鹿じゃねえの?わかんねえのかな」くらいな気持ちだったよ。でも、実際に見ると、気の毒に、という感情が湧いてきた。

オバーの背後に、沖縄の経験してきた地獄が、ぼんやりと浮かんで見えているような気がしたんだ。

・・・

やはりこの目で見ると印象は変わるね。

かと言って、自分の考えが変わるわけではない。

かわいそうにとか、感情で判断する問題ではないんだ。まして、国の存亡についての話なんだもん。

やはり私は普天間でも辺野古でも米軍駐留賛成派。国防の最前線に、軍は必要。

いないと困るもん。

・・・

そもそもの問題は、この日本が軍隊をもってないことにある。

誰も戦争なんてしたくない。軍隊なんて本当はないほうがいい。でも、それだと、国は保てない。

永世中立国のスイスなんて、国民全員が軍人(国民皆兵制)だからね。

・・・

沖縄のオジー、オバー、ちゃんたち。お気持ちは推察いたします。今までの、またこれからも、沖縄の負担には頭が下がります。

でも、申し訳ないけど、この国に軍隊は必要。それが自国でまかなえない以上、米軍に頼らざるを得ない。

その持論は変わらないな。

・・・

写真はキャンプシュワブ前。オバーたちの顔が写ってないのにしたよ。規模は思ってたより小さかった。

沖縄の人たちにチベット虐殺のドキュメンタリー映画、「ルンタ」を見て欲しい。沖縄の映画館借りて上映しようかしら・・・

もしも琉球が独立して、彼の国の属国になったら(確実にそうなるだろう)、同じ目に合わないとも限らない。そうならないよう、微力を尽くしたいものだね。

・・・

この後、沖縄のキーマンとも呼べる、とても有名な人とお食事しながらいろいろお話を聞いたよ。またお伝えするね。
 

2017年5月11日木曜日

スペインのヒロタさん

「ヒロタさんはスペインのオンダという街に行ったことはありますか?」と質問をもらったよ。

なんでも、元ボクサーのヒロタヤスユキという人が、市のお金をだまし取ろうとして、、、

スペインの新聞に載っていたそうな。

でも私のフェイスブックの写真と違う、ということでご連絡を下さったとのこと。

・・・

フェイスブックってありがたいね。こういった、自分が絶対知り得ない情報をもらえたりする。

教えてくれたのはスペイン在住の方だよ。私はオンダという街に行ったことはないし、だいたいスペイン語は読めないから、何が書いてあるかもわからない。

まあ、私が市のお金をだまし取ろうとしたかどうかは別として(いかにもやりそう)、人生の面白ネタが一つ増えたよ。

・・・

今回はたまたまなんだけどさ、でもまあ、考えてみると、小さい頃から、なんか悪いことがあると「犯人はアイツ」「アイツのせい」と決めつけられることは多かった。

学校でも親戚も友達同士(の親御さん)でも「ヒロタと付き合うな」と言われた。ご丁寧にオヤジは毎回私にそれを伝えた。

大人になってからも、バイト先の社長が、他の女子バイトの子らに「ヒロタくんと話してはいけません」といってたと聞いた。そんなに信用ないなら雇うなや、という気もする。

そんなこんなで、今の私のようなヒネた大人が出来上がったのではないだろうか?つまり、これは社会のせいなのだ。決して私が悪いわけではない。

・・・

ちなみに、「廣田康之」でググると、なぜか「逮捕」というのが一番上に来る。

なんで私が?今は人畜無害、無芸大食の一般ピーポーでしかない。人と違うのは多少まるまるもりもりしているだけ。まあいいか。

ということで、こんな記事を書いとくと、また「ヒロタヤスユキ 逮捕」でSEOが上がるかも。ニヒヒヒ。

・・・

どうせなら、成◯宮くんみたいに、机の上に「ねるねるねるね」でも置いて投稿しようかな。

「逮捕する!」「いえ、これは、ねるねるねるねです」「あ、ホントだ!」てなやり取りがあれば面白い。

まあ、くだらんことを書いてしまったけど、このスペインのヒロタヤスユキさんは、逮捕されず、今は姿をくらましているそうな。

ひょっとしたら今ごろ、六本木のスタバあたりでコーヒー飲んでるかもね。

写真は夜のスタバだよ。気持ちの良い時期になってきたね。あとスペインの新聞記事だよーん(^^)v
Fさん、ネタになりました!教えてくれてありがとう〜