2017年7月7日金曜日

ひとつのブログ・追記

前の記事の追記なんだけど、、、
読んでると、なんか不思議なことがある。

奥さまを亡くされた、プーちゃんさんのブログ。そこには、同じ経験をした人たちが、多くのコメントを残されている。
...

で、ひとつ気がついたことがあるんだ。

・・・

多くの方が、それぞれ、不思議な体験をしている。

そこに、(亡くなった人が)帰って来ている、という体験。

・・・

ちなみに、私の友人は、若くして小さい子供と奥さんを残して亡くなった。それからというもの、仏間で子供が誰かと会話してる。聞くと、お父さんここにいるもん、と答える。で、奥さんが「あなた、ここにいるの?」と声をかけると、ろうそくと、吊り下げられた照明が風もないのにブラブラ揺れる(実話です)。

あまりに、恋しいから錯覚だよとか、ありえないとか、言われると思うけど、、、

周りの方からそんな話を聞いたこと、誰でもひとつやふたつ、あるんじゃないかな。

・・・

私は思う。

私に近しい者たち、もし先に逝くことがあれば、必ず我と共にあらんことを。

もし、魂魄というものがこの世にあるのなら、ぜひ私に取り憑いてもらいたい。

いつか、そちらに逝く時まで。そやないと、さみしいやろ。

・・・

私は、霊魂肯定派というより存在してほしい派です。

もし自分が死んでも、霊となって大切な人たち守れるもん。

・・・

先日、私のブログ時代からの友人の奥様の七回忌があったとのこと。私も忘れられない。

そこで、思った。
今日は七夕。

愛する男女が久しぶりに会える日なんだ。

かけがえない人が、帰って来てくれて、夢かなんかで会えるといいね。

(写真はネットの拾い物です。まずければ教えてください)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿